ひとつの趣味を終えたはなし

基板と筐体をすべて処分し終えた。動く基板は欲しい人に、動かない基板はそれでも欲しい人に。難物だった筐体は天佑で処分できた。

なので、思い出話を書いて本当に終わりにしよう。

基板に手を出したのは「戦場の狼」が遊びたかったからだ。縦画面であそびたかったからだ。

だからまず最初に筐体をかった。青のコンソレット16。買うならコンソレットと決めていた。でも、ナムコ直営での稼動か、それ以外はリースらしく、なかなか買う機会がなかった。偶然にもゲーメストの広告でデモノを目にするとすぐに買った。たしか送料込みで3万円くらいだったとおもう。コンパネは2レバー、3ボタン。これならだいたいのゲームがプレイできる。当時は格ゲー全盛期だったのだけれど、ナムコは結局ブームの最後まで2D格闘は出さなかった。出たのがアレだったけど。そのあとの「鉄拳」はいまだにフロントランナーなのだから、未来は誰にもわからない。

次は基板。これもまたゲーメストを見て、FAXでカタログを取り寄せたり、電話で問い合わせたり。

そして、行けなくもない基板屋には実際に見に行った。今思い出しても、基板屋の雰囲気は独特だ。店も客も「判っている」のが前提だからだろうか。エアクッションにくるまれて棚に並べられた基板。きまってスチール棚だった。ボタン、レバーなどの消耗品。コンソレットのボタンって、独特の鋭角を持っているので、セイミツと交換するのものためらわれた。なんか、特別で、ナムコ感といえばいいのか。

結局、その行った基板屋で「戦場の狼」を買った。JAMMA変換ハーネス、インストつきで8000円だった。これまた安い。古い基板だとJAMMAじゃないのがねー。これが理由で「スクランブルフォーメーション」はあきらめたんだよなぁ。

コンソレットのいいところは、ステレオスピーカ用のコネクタが引き回してあること。ナムコのシステムI,システムIIなら即ステレオで楽しめる。とおもって、いまググったら、システムIIのステレオ側エッジ用コネクタが今は入手しにくいのね。当時はざっくばらんに売られてた。システムIには基板に直接コネクタがあったのに、システムIIではエッジになったのはなぜだろう。システムIIの基板はそんなに買わなかったので、困らなかったけど、設計思想は気になるところ。今。

戦場の狼」をめちゃくちゃ遊んだ。サービスボタンを連打してクレジットを入れまくった。基板を買って一番楽しかったのは、このクレジット入れまくり遊びかもしれない。

で、コンソレットなのでヘッドホン端子があるので、とうぜんヘッドホンでプレイ。かー、たまりませんな。ヘタでも問題なし。クレジットを入れまくればいいし、「戦場の狼」は先の面なんてないし。連射が自前なのが辛かったくらいか。あといまさらカプコンクラブにはがきも出せないし。

そのあとは基本的にカプコンナムコの基板をぼつぼつと買いそろえていった。80年代ナムコの基板はすでに高価だった。「フォゾン」は安かったか。おもしろいじゃん、「フォゾン」。「リブルラブル」の次じゃなかったらよかったのに。たぶん。「リブルラブル」はずっと高価安定、デモノもなくで買えなかったな。一番安くて68000円だったような記憶がある。CPUの型番かよ。

探しに探してやっと変えたのがコナミの「ミスター五右衛門」。めちゃくちゃ好きで、めちゃくちゃ遊んだのだけれど、あっというまに撤去されてしまった私の中だけでの名作だった。ファミコン版の「がんばれゴエモン」は違うんだよなー。今となってはアケアカで遊べるので問題なし。「ソンソン」も買った。「ソンソン」はなんか、唯一置いてある店(ゲーセンじゃない)が1Pのレバーが左、ボタンが右の逆配置の筐体で、遊びにくくて仕方なかった。あの筐体はいったいなんだったんだろう。あの店の「ソンソン」以外でみたことがない。

そうやって自宅の棚にちょっとづつエアクッションにくるまれた基板が増えていくのが楽しかった。基板は精密部品丸出しですぐに壊れる雰囲気が強くて、それもまた基板を持っているが故の気持ちで、うれしかった。専用ICが多いので壊れると直しようがなく、ジャンクを入手して移植するしかなかった。直ればうれしかった。ROMが壊れたのはどうしようもなかったけど……。合掌。

と、いろいろ楽しかった基板あそびも、いろいろあって、処分しはじめて、ついに全部手放し終わった。これで基板あそびの終了。たのしかったよ。ありがとう。

電撃祭2018秋 大感謝祭

10/7に秋葉原で開催された秋の電撃祭に行ったんだよね。なにも言ってなかったけど。

f:id:tiisanaoppai:20181007120602j:plain

f:id:tiisanaoppai:20181007120604j:plain

電撃大賞の告知看板。この看板の前にスタッフさんが立っててさぁ、なんか、こう、見る人がないから見せる必要もないと判断されたようで大賞なのに扱いが雑だなー、と思った次第。もう誰も小説なんで読んでないんだな、とつくづく感じました。イラスト、まんがも同じ雑さか。

うーん。

ステージイベントでちょっとくらい大賞の結果に触れてもいいんじゃないかなぁ。

うーん。

ゲーム、アニメはそりゃ大勢の大人とお金と時間と人生を投資してるから扱いが丁寧になるのは道理なんだろうけどさぁ。

と、毎年とおなじ気持ちを感じました。

先にタイトルだけで電撃大賞受賞予想をしましたが2つあたりでした。とりわけ「つるぎのかなた」は大当たりでしょう! これは! あらすじがずいぶん思ってたのと違いましたが。やっぱり全体的に新文芸/キャラ文芸/ラノベ++のような作品がおおいなー、という最終タイトル全体から受けた印象はそのままでした。「折り鶴姫の計算資源」はめっちゃ好み。「鷲見ヶ原うぐいすの論証」が好きなんですよねー。うん。SFなんかみあたらねーな! ファンタジーも! それはなろうとカクヨムからデビューしてくれというアツいメッセージ。しかと胸に響いたぜ!

ステージイベントは「ガーリーエアフォース」が当選してました。アニメ向きだよね! 「なれる!SE」よりずっとアニメ向き!

イベント中初公開のPVを見たステージ上の出演声優さんの発言で「色がついたのはじめて見た」とあって、誰もそれに触れないって言う。わかります。

感想としては、あれだけ推してる「新米姉妹」「熱帯魚は雪に焦がれる」についてはアニメ化とか告知がないのが不思議でした。「はにがれ」は早すぎるか。

現場からは以上です。

虎走組総決起集会に参加した

kobashirikakeru.blogspot.com

 

というような理由で虎走の姉御が「電撃組に礼をせなのう。若いの集めろや! その命わしがもろたるさかい!」と天下に号令をかけたので、決起集会サイン会に参加しました。虎走先生といわさき先生、ふたりあわせて(フォロワー)6万パワーズなのですから当日はどうなることかと不安もありつつ、万世橋ポケモンGOレイドバトルを横に視ながら歩を進め、開始時刻まえには会場に到着。

会場までは迷いませんでした。なぜならもう列ができてたからです! やはり……! と最後尾につくと、後から後から列を成していく次第。

で、13時と同時につつがなくイベント開始。書店のサイン会だと時間に正確じゃないのなんでなんすかね。

しばらく待って会場に通されると、並んだ提灯を背に関東火鉢の前でキセルをくゆらせる虎走の姉御うすい浅黄色を基調とした室内に先生のファンタジーに胸高鳴らせた文学少年少女たちが並んでいて、ときどき小さな笑い声がこだまする。エルフの森か。そう、少年少女が多かったような記憶があります。ファンタジーってそうあるべきですよね、ほんと。うん。会場の熱の高さってそこから来てたのかなと。まぶしい。まぶしいよ!

そんな会場内には、虎走先生といわさき先生の掛け合いの声がよく通って聞こえてきました。主にとても書けない様な発言が多い虎走先生声が聞こえてきたような気がしますが。サイン後のふくびきで大当たりのサイン色紙がでると、拍手が沸き起こるやさしい空間でした。

すこし話ができて、サインをいただき、がっしり握手されてきました。ひゃっほう。

なんかもう、私にとっては生きてて辛いときに読んで凌いだ本だけに、思いもひとしおですよ。うん。よい1日となりました。自主開催でここに至るまでにはいろいろとあったと想像しますが、ありがたいイベントでした。ありがたや。

で。

Kindle版で読んだのですが、最後のイラストが「?」で、本で読んで判りました。なるほど。電子書籍はこういう工夫を殺すのだな……。

物語の感想としてはアルバスが巨乳になってて驚きました。それにひきかえゼロときたら。

あと、青い鳥文庫虎走かけるの名を目にするのも遠くないような気持ちです。

ではまた。

 

第25回 (タイトルだけで選ぶ)電撃大賞

f:id:tiisanaoppai:20180909093901j:plain

今期の電撃大賞の3次まで発表されたので、タイトルだけで大賞、金、銀を選ぶ。以下、めちゃくちゃえらそうに書こう。

 

大賞:渋谷瑞也「つるぎのかなた」

金賞:成瀬唯「鈍感主人公になれない俺の青春」

   木藤そら「戦闘精霊 スカーレット・エクシード」

銀賞:星野小鴨「擬似現実的電脳遊戯恋物語

   橋本哀「ONSTAGE!」

メディアワークス大賞:星火燎原「死にたがりな少女の自殺を邪魔して、遊びに連れて行く話。」

           志馬なにがし「バンソー!」

特別賞:雪林白景「母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ」

以上です。

 

大賞はいちばん電撃っぽいタイトルを。カタカナ表記だったら完璧だった。

以下は今風のタイトルから、私がタイトル買いしそうなのを選びました。特別賞のタイトルがすごすぎますな。イラストはぜひ駄菓子で頼む。ファンタジアの「おしっこ」もすごかったですが。あっちは本気だもんな。すげぇ。

3次一覧を眺めて思うに、メディアワークス文庫っぽいタイトルがおおいなぁ、と。今回の電撃大賞は「新文芸」立ち上げのために意図して選んだのかなとゲスパー発動してしまう。たとえば、佐須みおし「江戸陰陽詐欺」はタイトルだけならいますぐ富士見L文庫からでても違和感がない。

いまどきの男の子はラノベ、本を読まないんでしょう。

先の「次に来るマンガ大賞」でも、なんとなくツイッターとかのネット上の論調をみてると女性向けが多い(投票者に女性が多い)との指摘に、消極的同意を抱きました。ラノベで主人公が間接キスでもめてる間に、女の子はTLを読んで距離を開けられてるのかもしれません。TLって10代が読んでるのか。

結果発表は来月の電撃祭で。お楽しみはこれからだ!

君はいますぐ「Roid ロイド」を読むんだ!

百合姫で連載中の「Roid ロイド」の第1巻が発売された。待ち焦がれていた1冊。連載分全部が収められているので、続きが百合姫ですぐ読めるよ!

物語はちょっと未来の女子高専(?)。過去の事故から両足の自由を失った少女、双上唯。しかし彼女はうでっききのアンドロイドエンジニア。そんな唯が完成させたのは、彼女そっくりの見た目の、全身の人工筋肉で姿勢制御を行うアンドロイド。設計面では動くはずなのだが、リアルタイムで姿勢制御を達成できるOS、ソフトウェアが存在しない。残念ながら唯はハードウェアのエンジニアなのだ。

一方で彼女の後輩、一宮玲那(いちみやれいな)は、これまたうでっききのAIアーキテクト。しかし、そんな彼女のスキルをもってしてもこんなボディは駆動できないとのこと。唯一の方法は、人の意識をコピーして動かすしかない……! だが違法だ。

そんな中、一宮が何者かに攫われる事件が起こってしまう。一宮を助けるため、唯は自分の意識をアンドロイドにコピーするのだが……!

物語はそこから始まる。

意識をコピーされたアンドロイドは、オリジナルの唯の記憶を持っている。アンドロイドの体をもった、彼女は誰だなのか。人とアンドロイドの違い、意識とはなんぞや。歩けない唯と歩けるアンドロイド。

肉体面での性能はすべてがアンドロイドが上回っている。唯はそんな「彼女」にどんな思いを抱くのか。

そして百合みはどこにくるのか……!

もはや、私の好み過積載。目が離せません。

みんな、はやく読んで……!

古代祐三×ハーベストトークショーでパソコンサンデー感。

それらの音も、光も、少年の思い出とともに、地球上のすべての大気に飛散し、拡散し、消散して、今はもうない。

 「今はもうない」 森博嗣講談社文庫)

 

akiba-pc.watch.impress.co.jp

8/5は「古代祐三×ハーベスト トークショー」に参加できました。なんともよかった。日曜の神保町は人が居ない。そして夏の日差しに白くなる町並み。その風景は「匣の中の失楽」を思い出す。そんな中でのトークショーでした。アツい。

そんなイベントは3部構成。

1部 古代祐三×ハーベスト トークショー

2部 FM音源ドライバーズサミット 番外編

3部 古代祐三四方山話+α

会場入り口に、まじゃべんちゃーのねぎマージャン牌他ハーベスト会報などなどの展示。さらっと開発機88マークIISRが展示されてました。あー、古い88ってこの色になるよなー。なんでだろ。いや、それにしても「世界樹の迷宮」でも11年前ですよ。時間があっという間にすぎる。

 

第1部!

ああ、やっぱり東京ってすげぇなぁ。とつくづく思いました。友達の友達がめっちゃマイコンにくわしい、とかで辿っていって、集まっていく過程はまさに東京の人口密度。田舎だったので、そういうのなかったなぁ。ナイコン族でしたし、そんな近くに電気屋もなかったし。思い返せばベーマガのコードを読んで楽しむ不思議な時代。

友達に借りた88を返すからSRを買いに行ったとか、数件廻ってSRは1台しかなかったとか。田舎じゃありえないなぁ。88借りるってすげぇ。

新宿のキャロットとか、当時のゲームセンターの話がとてつもなく面白かったです。ナポリタンを食べてからドルアーガとか。ミライヤの話を聞きたかった(しつこい)。

 

第2部!

秘密のゲスト、メガテン細江さん登場してのドライバーズサミット。ドライバとはなんぞやは触れずにぶっこむスタイル。まぁ、だいじょぶでしょ。

古代さんがMUCOM88を開発した経緯が「みんな作ってるので、作ってみたらできた」が衝撃的でした。ドライバってそんな簡単にできるの?! 途中にMUCOM88のFM音源音色エディタの紹介も。各オペレータの波形が見ながらエディットできる優れたエディタでした。オペレータのパラメータとアルゴリズムで最終出力の想像ってつくのかな、つくのか。トーク中にも触れられてましたが、エミュレータでFM音源を鳴らすとなんだか違うように感じるのって、チップだけじゃなくて、アンプ、ADコンバータから出力までを含めて楽器なんだな、と思った次第。

古代さんが「音色は120番までは鉄板で、それ以降はゲームごとに自由」とのことで、この120番までの音色が作家性なのでしょう。ドライバこみで。

私はMNDRVが好きです(唐突)。

 

第3部!

セミの話。四方山がすぎる。そのあとはスパIIXで対戦。トークショーとは。

ゲームをもっと遊ぼう。ジョイスティックを握ろう。格ゲーたのしいよ!

 

という、イベントでした。

なんというか。

昔々。ベーマガテクノポリスコンプティーク、ログイン、ざべ、Oh!Xとかいろいろ。いろんな人たちを遠く遠く見ていた昔々。今はこうしてトークショーに参加できたりする。昔の自分にそう伝えたい。

イベント終了後に。

2009年のファミ詣のラスト。ブルボン小林さんが「昨年、三辻さんがなくなった。ゲームについて語って残していかないとならないし、僕たちはまだまだゲームについて語り足りない」と言われたのが印象的で、それを思い出しました。残そうとしないとゲームが消えるなんて思いもしなかった。ゲームを作った人たちがなにも残さず亡くなってしまうなんて考えもしなかった。「大東京トイボックス」#1のモモが「これは誰かがつくったんや」と気づくのだけれど、ゲームを作った人がいっぱいいっぱいいるんだと気づきもしなかった。

またのこういうイベントを楽しみに。

眠れない夜に忘れないためにポエムを書くんだ。

 この世界がきみのために存在すると思ってはいけない。世界はきみを入れる容器ではない。
 世界ときみは、二本の木が並んで立つように、どちらも寄りかかることなく、それぞれまっすぐに立っている。
池澤夏樹スティル・ライフ

インターネットにはポエムがあふれている。だから私も書こうと思ったのだ。

スティル・ライフ」を読んだのは、すでに若くないときだった。それでも、その冒頭のぴかぴかした言葉は、つるつるで、あっというまに私の奥まで潜っていった。そして私の一部となった。私の世界の一部となった。

透明感っていうのは、そういうつるつるさ、抵抗のなさ、あっというまに奥まで届いてしまう性質を指すのだ。

しかし、もう若くなかったので、そういった「世界」とは別に「社会」が存在していて、ふたつの世界の間に立っているとも知っていた。

そう「世界」と「社会」は別の存在だ。この2つを混同するのは不幸の第一歩だ。ただ、残念だが私たちは「社会」を使わなければ「世界」を維持できない。そういうふううにできている。

最近、社会がずいぶん物騒になった。2つの「世界」に攻撃的だ。とりわけ私の中の「世界」に。

いろいろなトランプ大統領の言葉を読んだとき「虐殺器官」を思い出した。そしてたとえどれほど遠くとも、私と彼とは同じ「社会」に居るのだから影響はあるのだが、そこまで気づけなかった。残念だが。

「遺伝子に刻まれた脳の機能だ。言語を生み出す器官だよ」
脳のなかにあらかじめ備わった、言語を生み出す器官。
その器官が発する、虐殺の予兆。

伊藤計劃虐殺器官

 最近は日本国内で虐殺の言葉を目にする機会が増えた。これが物騒に感じる理由だ。

「あなたは被害者になるはずだ」

「あなたは被害者のはずだ」

「あいつは敵のはずだ」

「あいつはずるをしているはずだ」

「あいつは悪い奴のはずだ」

「だから、あいつは攻撃していいはずだ」

虐殺の言葉は私が思ってもいないことを、私が考えたかのように伝えてくるのが、もしくは、私もそれを考えていたと思わせる。

そうやって虐殺の言葉は「社会」の「空気」を変えていく。とてもとても攻撃的に変えていく。未来を変えていく。

われわれは情況の変化には反射的に対応はし得ても、将来の情況を言葉で構成した予測には対応し得ない。

山本七平「「空気」の研究」 

 虐殺の言葉に反射的に対応した人たちが、空気を作り、未来を作っていくのだ。次第に、社会と、個人の世界の中にまでしみこんでいく。気づきもさせずに。

空気とはとても透明だからだ。

空気に従うのは無責任だ。だから従うのなら「私は空気に従った」と自発的に決定しなければならない。決定の責任は自己にあると理解しなければならない。理解しない人は、そういう空気だった、という。責任を空気に設定する。そして、自分も無責任だと、そういう人に同意するしかなくなる。

日本軍の戦略策定は一定の原理や論理に基づくというよりは、多分に情緒や空気が支配する傾向がなきにしもあらずであった。

共著「失敗の本質 日本軍の組織論的研究」 

いまだに「失敗の本質」の指摘からなにも学んでいない。

虐殺の言葉は空気を作る。静的な言葉しか使えないインターネット上ではすぐに虐殺の空気ができあがる。

だからインターネットはすでに内戦状態だ。

インターネットが社会となった今では、現実に内戦に発展しても不思議ではない。そして、そういう「空気」がある。

みんなどうしたんだ。どうしてそんなに攻撃的なんだ。なにと戦っているんだ。不幸だからか。

でも、攻撃をしても、自分の中の世界は幸せにならない。