全力疾走。映画「サイダーのように言葉が沸き上がる」感想文

映画「サイダーのように言葉が沸き上がる」を見たよ。

夏の映画は夏に見るべきなんだよ。

 

cider-kotoba.jp

 

夏の! ボーイミーツガールは全力で走れば十分なんだよ!!

 

タイトルの「サイダー」のたったひとつの季語が映画を象徴する。

青空と、雲と、水田と、あぜ道と、用水路と、ショッピングモール。どれもこれも夏なんだけど、サイダーのたったひとことに負けてしまう。体験している人なら、あぜ道の草いきれ、水をはった水田から聞こえる蛙の鳴き声、用水路の水の色、雲、空、夕暮れから、むせかえる夏を思い出すんじゃないかな。はい、ここは自己紹介でした。田に水を張ると一気に鳴き出すよね、蛙。いままでどこにいたんだ、と思う。昼間は蝉がうるさく、夜は蛙が大騒ぎ。田舎が静かなんて大嘘です。

 

それはともかく。

 

物語は、「平凡」な暮らしの続く地方都市のショッピングモールから始まる。そして、物語は始まっている。もう始まっているのだ。地方、ショッピングモール、そのまわりは田、山、川、風と雲、焼けたアスファルト。夏だなー。今年こそなんかあってほしい。なんて思ってしまう。なんもないんだけど。花火くらいか。

 

そして、主人公のふたり。なにかをひとつ足さないと、外に出られないふたりが、ひょんなことからショッピングモールで出会う。ああ、このリアルさ。出会いはショッピングモール。今の地方にありそうな物語。ここがいちばん好きです。

 

そこからSNSで知り合って、フォローするのにためらって、いいねひとつクリックするのに逡巡する。もう、めちゃくちゃ今の青春。すべての行動が相手に伝わるのだと思うと、そこに、自分の思いと、もしかすると思い以上の何かが伝わってしまうのじゃないかと、どきどきする。

SNSがなかった頃ってどうやって生きていたんだろう。おじいちゃんの話はいつも長い。お父さん、お母さんの話は興味が惹かれない。140文字、できれば17文字にまとめてください。

でも、老人の思い出、父と母の生活、少年と少女の毎日。全部が全部物語なんだな、と見ながらつくづく感じました。

夏には夏を描いた映画を見たいのです。夏の映画は背景が主役なんです。この映画では、夏の風景を、さらに夏を連想させる色使いで見せてくれます。上映中ずっとずっと夏。そこも好き。

でも、なにより、全力で走るシーンが好き!

真夏でした。

あなたが「シオリエクスペリエンス」を連載で読むべきたったひとつの理由

「シオリエクスペリエンス」の17巻が8/25に出る。

 

magazine.jp.square-enix.com

 

単行本で読むのがまずは当然である。

だがしかし、これのためだけにビッグガンガンを読んでもいいくらいの価値がある。

以下は第75話のラスト。単行本16巻収録の最後のエピソード。2021/1月号で、新連載以来の表紙、巻頭カラーの回だった。

この回は連載時は、見開きでいったん終了が入る。

 

f:id:tiisanaoppai:20210723181111p:plain


さぁ、手元の16巻のそのページではどうだろうか。

雑誌でもここで終わっていない。Cパートが掲載されている。単行本じゃできなかった演出が、雑誌ならできるんだな、とわかる。「ハイキュー!!」最終回でも雑誌掲載時に同じ演出があった。

逆もあって、いや、逆のほうが多いのだけれど、単行本にページ修正、追加されてたり、セリフ変更、フォント変更とか。完成版はやっぱり単行本なんだけど、雑誌での、毎月を楽しみにするのも、また、心地よいのです。

ただ、ビッグガンガンはアンケートが書籍からしか出せないのが、改善してほしいところ。

さて、「シオリエクスペリエンス」は27巻まで行けるのか。だとするならあと10巻。シオエクのページ数でも(シオリエクスペリエンスは毎回のページ数が異様に多い)、半年に1冊がいいところなわけですが。

なには、ともあれ、17巻をお楽しみに。

読もう! 「ケッペキゲーマー」!

「ケッペキゲーマー」1巻がでたよ!

bigcomicbros.net

とにかく、試し読みの第1話だけでも読んでほしい。

 

主人公は強迫性潔癖症から引きこもりとなり、5年が過ぎた元少年、黒田公正。しかし、彼は現状を由とせず、いろいろと社会復帰しようと尽力している。のだけれど、それが成功しないと、自責に埋もれて、ますます取り返しがつかなくなる生活を繰り返していた。そこにカウンセラーの足立が現れて、ひとこと。

「ゲームでもする?」

ここから、また突然にプロゲーマーの世界を目指してしまう黒田くんの物語だ。突拍子もない。そして、この一言が果てしなく重い。

 

しかし、黒田くんのゲームに対する姿勢は潔癖だ。「一生トレモやってろ」と言われて、実際に行動するプレイヤーがどれだけいるだろうか。正確な入力、なんて、格ゲーのハイパー基本項目を身に着けているプレイヤーはどれほどだろうか。

まずは正確な入力。ゲームの中で自由に動けるように。

次に相手プレイヤーを正確に見る。これはトレモじゃできない。相手プレイヤーの動作を高解像度で理解する。

相手情報を入力に、正確に短時間で操作する。正確な入力から正確な出力まで。

まだまだ始まったばかりだ。残念ながら、ネット対戦は勝ったら次の強い相手と、無限に相手が出てくる。はたして、どこまで行けるのだろうか。

 

一読、東野司「ミルキーピア物語」、川原礫ソードアートオンラインマザーズロザリオ」、重松成美「ブレードガール」を思い出した。

 

comic-walker.com

kc.kodansha.co.jp

「ミルキーピア」は紹介ページがなかった。残念。探して読んでほしい。

 

つまりは、ネットは、ゲームは自由だって話。

その自由さってのは、暴力的な平等さと言い換えられて、プレイヤーは誰も特別扱いされない。ただ、残念ながら現実の個人の性能はある程度、いや、相当ゲームに反映されてしまうけれども、前提は、全プレイヤーはゲームメーカーの意思の下、特別扱いはいっさいされない。

 

試し読み第1話の最後のコマのト書きに感情がえぐられる。これは終わった物語なのだ。

あと、感想の第一としては、素人だから言っちゃうけど、小学館の売り方が下手すぎへんか。雑誌掲載なし、Web掲載のみ、無料なしで、単話売りってあんた。

売り方が下手すぎて気の毒なので、単行本ならまだ読みやすいのでオススメです。強力に。

SEGA AGESとはよく言ったもので。

メガドラミニの「ロードモナーク」がつらいです。

当時はばんばん対応、びしびし指示が出せたのに、今だととてもとても。当時を覚えているので、脳内には指示が出るのですが、入力に当時性が再現できない。

これがSEGAAGESか!

エイジスキッズ向けに、セガをはじめ、カプコンタイトー、セタ、なによりハムスターのアケアカから当時無限に遊びたかったゲームが安価でばんばんまとめて発売されている。

ほぼすべてがアクションゲームなので、難易度設定可能、巻き戻し機能、スロー化などなど、当時を知る人たちに向けての機能が満載である。カプコンは無敵をダウンロードコンテンツにしたのはえらい。無敵をつけないのも当然えらい。

この手の復刻ゲームで一番楽しいのは、クレジットカンスト投入連打だと思うんですが、どうでしょうか。これでスーパーリアル麻雀も安心。当時、いちばん金を巻き上げたのはこいつらだと思うんですが、どうですかね。まさかゲームセンターから麻雀がなくなり、野球拳までなくなり、ゲーセンがなくなってゆくなんて想像したでしょうか。とりあえず100円あれば、ゲームが遊べるのが最高なんですよね、ゲーセン。レバーとボタンを操作するだけで楽しいゲーム。

とはいえ、私がエイジスキッズのため、忙しい操作のゲームがしづらくなってくるのはさみしいものです。もう、1日かけてキャンセル飛燕鳳凰脚の練習したり、スパIIXフーリガンコンビネーションの練習したりのあの日は体験できないんだろうなぁ、と思いながら、ちょっとだけフーリガンコンビネーションを練習しています。なんだあのコマンド。ブレイクスパイラルかよ。

結局のところ、昔昔のゲームを、今となっても、相応に遊んでいるわけなんですよね。移植、というか、エミュレーションというか、基板そのまま遊べる販売が増えてきたのはうれしいですね。連コ連コで日が暮れる。なんだろう、コンティニューしたら負けみたいな戦い。巻き戻しは平気なのに、コンティニューは抵抗があるのは不思議。

「鮫!鮫!鮫!」「飛翔鮫」の発売が待ち遠しいです。あとコンソレットミニ。

2日目の筋肉痛「ワンダーエッグ・プライオリティ」特別編に

ついに「ワンダーエッグ・プライオリティ」が終わった。

wonder-egg-priority.com

全13話なのかな。特別編こみで完結。

復活できない大人をしり目に、完全復活したラストシーンが印象的でした。大人の失敗に女の子たちが巻き込まれてゆくのだけれど、そんなのしらんぷりして、女の子たちは目標を達成し、復活して日常に戻ってゆく。そーゆー話でした。

また、私がウテナ病患者なので、どうしてもラストシーンに「少女革命ウテナ」を見つけてしまうのが、もう大人を通り越して年寄りだと感じました。

 

年を取ると、レベルアップごとにパラメータはさがるし、8時間寝られないし。寝ても回復しないし、最大でも半分くらいしか回復しないし、心の傷はいつまでたっても乾かない。乾く間もなく、次の傷が切り刻まれる。忘れっぽくなるのが唯一の利点かもしれない。傷の場所を忘れてしまえればいいんだ。

ワンダーエッグ」の4人の女の子たちは、それぞれ運よくゲームを達成する。で、望んだけど、望んでなかった結果の世界を見届けてゆく。傷が治ったのかもしれないし、新しい傷を負ったのかもしれない。そうやって、でも、彼女たちは、生きてゆく。

生きていると、生きているのを忘れる。自動的に生きられるから、生きているって忘れてしまうんだよなぁ。いいこともわるいこともあるし、最悪人は死んでしまう。それを忘れてしまう。

このアニメは、とにかく背景美術に重点があって、また、突然不思議な世界に切り替わるんだけれども、そこの背景でも説得力がある。狂っている世界はちゃんと狂っているとわかる。あと、ときどき明度が下がるのは、演出だったのか、ポケモンショックなのか。パッケージだと下がってないのかな? ここだけ気になる。買うか。

 

たぶん、将来的に「デビルマンクライベイビー」「フリップフラッパーズ」のように、「ワンダーエッグに参加してました!」って言うアニメーターさんがたくさんいそうな気がします。

 

アニメ「Vivy」の魂に安らぎあれ。

テレビアニメ「Vivy」が終わった。総集編まで見終わった。ご視聴ありがとうございました。

 

vivy-portal.com

 

時をかける少女」と雑に言ってしまえばそれまでなんですが。100年かけて、やっぱり未来は変わらないのか! と無力さに打ちひしがれたり。

 

このアニメの主人公ヴィヴィは歌で人と社会に貢献すると目的設定されたアンドロイド+AIです。「心を込めて歌う」と指示されているのだけれど、あんまりにもあいまいで、まず命令の解釈に戸惑ってしまう。ものすごい命令だし、それに戸惑うのも高度だし、それを正確に解釈しようと行動するのも高度だ。人ならそんなことしないと思う。

で、そこからいろいろあって、100年にわたる彼女のよかった探しが始まる。

 

前半はオープニング、エンディングが頻繁に変更されたのですが、終盤以降はそれも落ち着き、物語も次第に1点へと収束してゆく展開が毎回、毎回が楽しみでした。これを見ている自分は人間なのか、はたして、と神林長平「あなたの魂に安らぎあれ」を思い出したりしながら見ていました。あと「宇宙をかける少女」。それ以上いけない。

 

単純に、今でさえソフトウェア上で再現可能な作業であれば、人間より処理能力は高いし、いまはまだ人間が操縦しなければなりませんが、たとえば建設機械は人間より、能力が高いといえるでしょう。ほかにもいろいろ。わざわざ人間より劣る性能にされている機械はあると思うんですよね。AI、深層学習、集合知が人間よりずっとずっと構成になった社会はどうなるんでしょうかね。個人的には、政治とか経営とか意思決定はずっとかソフトウェアのほうが速くて、情緒がないだけ1度決定しても修正を繰り返すと期待できるので、よりより統治ができそうな気がするんですが、たぶん、情緒がそれを許さないだろうなぁ、と想像します。

 

現実には、シンギュラリティポイント、回帰不能点は年々先送りにされてるような気がしますが、たぶんこれも情緒の問題でしょう。金融商品取引はロボットが8割ともいわれているわけで、それを経済指標にしている人類はすでに回帰不能点を通過してるとも思いますが、それはまた人それぞれの認識であり、おそらく100年後には、この時点にも名前が付けられているでしょう。

 

「Vivy」も今後歌唱シーンだけまとめて見返したり、アクションシーン(歌うアンドロイドなのになぜかバチクソかっこいいアクションシーン満載)だけ見直したりしそうです。アクションシーンがすごかった。毎回、毎回、見返したり止めたりしてました。かっこいいのは初見でわかるんだけど、なにやってるかは何度か見ないとわかんない(老眼)のよね。

それではご清聴ありがとうございました。

とおりすがりのあの子。

アップルミュージックで次から次へと曲を聴き「ながら」作業をしている。ある程度私の傾向から、知らない曲を流してくれる。テレビ、雑誌と同様なのだけれど、プッシュ通知、私の選択の意思が介在していない情報に触れるのはとても楽しい。

 

惰性で流れるテレビ番組。CMを含めて私が見ようと意思を持っていない。

雑誌。読みたい記事があったはずなのに、それを上回る他の情報量で1冊。

アップルミュージック。初めて聞く曲。

 

で、この間、このアップルミュージックで、初めて聞いた曲が好みだったので、曲情報を確認したんですよ。ジャケット画像、歌手名、曲名がわかる。なんなら歌詞がわかる。

だけれど、もう、忘れた。

自分のライブラリに放り込んでしまえばいいのだけれど、曲名、歌手名を覚えていないので見つけられない。プレイリストに放り込めばいいのに、とは最近気づいた。ときどき、エロ関連の本を捨てたくなるように、プレイリストを整理したくなる衝動ありませんか? ないですか。そうですか。わたしはあります。

最近はなぜかシティポップがよく流される。その忘れた曲は、たぶん、古い曲なのだろうけど、初めて聞く曲だから、私にとっては新曲だ。本当の新曲たちは、数多の既存曲と戦わないとならないのは、不憫だと思う。おなじく、小説、マンガ、アニメとかも、過去作と戦うのは必要だけれど、不毛だと思う。

そして、とおりすがりのあの曲を探すのも不毛だ。次から次へと新曲が流れてくる。そして、別件。今、書きながら聞いているけれど、ながら作業ができなくなったと最近気づいた。書いている間は聞いていない。手を止めると曲に意識が行く。それを繰り返してゆく。昔々はラジオ番組を聞きながら勉強なり、ゲームなりできたのに、今は無理だ。ラジオを聴くときは、ラジオを聞くしかできない。それはそれで豪華な時間だと思うようにしている。思い込み大事。私の世界は、思い込みでできている。

www.youtube.com