読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライトノベル読書会にいった

 11/27に開催されたライトノベル読書会に参加しました。はじめて!

テーマは「ランキング企画から見る今年のおさらい」。直前に発売された「このラノ2017」を教科書に座談会でした。座談会! 自分の言葉が通じる人たちの場にいることの心地よさを堪能してきました。

詳しくは以下で(雑)。

togetter.com

 

終わって、今、思うことをつらつらと。

  • 結果は「このラノ」前に実施されている様々なインターネットランキング企画から予想されたとおりだったかな。
  • インターネット投票1位の「とある魔術」が総合3位。「とある」は協力者票ゼロ。毎年だけれど。
  • りゅうおうのおしごと!」はぶっちぎりで1位。協力者ランキング1位がそのまま1位に。これでどうこうの意見も見かけるけど、門戸のひらかれているインターネット投票と併せて参加者が800人いない。8000人くらいは参加してほしい。
  • 「投票される」本があるような気がした。逆に「好きなんだけど、投票するとなると違う」みたいな本もある。この辺の投票者の「やっかいな心理」はおもしろい(ひとごと)。私は好きな本を投票しましたよ。
  • アニメにまでされてランキングに姿がみえない本と、年度代表馬みたいな本とに分かれる現象が印象的だった。ヘスティアとかレムラムみたいに象徴的な存在があると選ばれるんだろうか。
  • 動揺にあれだけ「なろう」「異世界」ものが発売されているのに、文庫ランキングにはほとんど出てこなかったのも。四六判と読者層が違うとは本誌巻末に整理されていたけれど、ランキングに明確に出たかな(ひとごと)。
  • 読書会には「読みたい」人が参加してほしいなぁ。読んでないから参加しづらい、とか、行ってみたいけど、みたいなのはもったいない。気になる本を挙げると、誰か読んでるので、むしろこれから読む人には便利。私もいっぱい気になる本を教えてもらいました。
  • そういう思いの反面、参加者に中の人がいてビビる。さすが。東京怖い。
  • 意識しないとすぐにライトノベル老人会になるの注意しないと。
  • 私の2016年のニュースはラノベ天狗にブロックされたことでした。
  • 鳥貴族すごい。

来年は協力者に選ばれるようにいっぱい読みます!(ゲス)

ではまた。