読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファンタジア文庫感謝祭2016に行った

昨日秋葉原で開催された「富士見ファンタジア文庫感謝祭2016」に行った。

会場に着いた頃には大型バッグ配布が終わっていて、人が持っているそれから「ゲーマーズ!」アニメ化を知る。知ってた速報。ぜひ「こっち」ではなく、「あっち」のゲーマーズをアニメ化してほしいものです。

そのまま一通り見て回る。地階が学園風の展示に。ヒロイン、女性キャラクターしか展示がないなー、と電撃の時にも思ったことをまた思う。「更衣室」では、自分がロッカーに隠れているシチュエーションを模しており、薄暗いところからスリット越しにのぞける趣向。これはビッグビジネスの予感! 展示内容は既存絵のパネルだったような。ただ、スリット越しに見る、よくある状況から楽しめるのは面白かった。

そのあとは生徒会長選挙(ヒロイン人気投票)結果発表。リナ・インバースが勝者だったんだけど、それでいいのか。主たる読者層はどこなんだ。もしかしてファンタジアにはおっさんしかいないのか。私は毎回森田ゆかりに投票していましたが。泡沫。勝利者インタビューという態で神坂一さんのメッセージがホワイトボードに書き添えられていました。なるほど、それなら価値がある。生きてた。そういえば色紙展示にあらいずみるいさんのそれもあったような。御年50歳。でもスレイヤーズは26年前なのです。

ひととおり見終わり、地上に戻るとすっげぇ行列ができてる。何ぞと思ったらイベント入場列。あー、そういえば、ファンタジアは当日入場だったなー。雨じゃなくて良かった(ハイパーひとごと)。

並んでる人を見ると、ぼつぼつ文庫を読んでる人がいる。あー、この雰囲気、電撃にはなかったなー、と気づいた。ファンタジア文庫を読んでる人が参加しているんだな、と。思い出してみると、自分がいたときはちょうど葵せきなさんサイン会開始らしく、拍手が聞こえていた。一部のサイン会が同じ会場で開催しているんですよね、このイベント。電撃は全部別会場で、言ってみれば「読んでる人」はそっちにいってるだなと思い至った。同じ会場でまとまってる雰囲気(?)のよさ。メインステージ司会は赤ジャージ、青ジャージ、担当編集さん、編集長まで登場と雰囲気のよさはこういうところから出てくるのかな。

ゲーマーズ!」のアニメ、期待してます。以下、雑に写真を張り付けておしまい。

f:id:tiisanaoppai:20161022115029j:plain

f:id:tiisanaoppai:20161022121142j:plain