読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

講談社タイガ 緊急編集会議~その名はタイガーリリィ~

20日に開催された講談社タイガの緊急編集会議に参加した。イベント参加当選のメールを見て驚いた。すっかり忘れてたよ。

場所はなんと講談社本社会議室。もうこれだけで大興奮。あの講談社の中に! 

はてさて、イベントは2部構成。この辺はtogetterのまとめがくわしい。

togetter.com

 

参加者30人で、5人ずつのグループにわかれる。そこにタイガ編集社さんが加わって6人でディスカッション開始。まずは自己紹介から。聞いてみれば、名古屋から夜行バスで参加された方が。愛ですね、愛。みんなまぶしかったのだけれど、作家志望の彼がとりわけまぶしかったなー。ゲストの綾崎隼さんの大ファン、「ノーブルチルドレン」で人生が変わった、とまで。そういう本に出合えるのってほんと、素敵でまぶしい。うおっ、まぶしっ。

いやー、テーマそっちのけで、本とか小説の話ばっかりしてましたな。「人狼城」についてなんて20年ぶり位に話したよ。ニフティサーブのはなしとか。

途中、編集さんから「電子書籍は読みます?」と市場調査っぽい質問。

字の大きさが変えられるので、好きなんですよね、電子書籍。タイガはちょっと大きく感じて、読みにくいんですよねー。

と答えると、なんとタイガの文字サイズは講談社文庫と同じだとのこと。うーん、タイガのほうが大きく思えるなぁ。新潮文庫の大きすぎ、と言ったら、一人だけ同意してくれました。ありがとう。編集さんからは「ラノベは小さいんですよねー」と。ああ、客層に合わせてるんだな、と得心した次第。「これから先、文字サイズは大きくなる一方ですねー」とか。大きいと読みやすい? 昔の創元みたいにまっくろなのが好きなんですが、自分だってこの先大きいのがよくなっていくんだろうなー、と絶望していました。

ディスカッションのテーマは「可愛い書店員さんの特徴を考えよう」。

いくつか案を決めて、第二部の綾崎隼先生、野崎まど先生の前で発表する流れ。

綾崎隼先生は綾崎隼先生っぽい方で、野崎まど先生は野崎まど先生っぽかったです。なにより心象的だったのが野崎まど先生の声のかっこよさ! 紙じゃ伝わらない! あと綾崎先生がずっと脇腹を抑えてるのが不思議でした。

で、発表に。自分の卓が1番手だったのだけれど、その後の発表を聞いて申し訳ない気分に。そっちかー、と。飛ばしすぎだろ、この卓。

発表後はトークショー。作家の友人はいますか、との質問に綾崎先生が「電撃受賞同期は会いますね」との回答に「あー、精霊三国志の続き読みたかったなー」と思ってました。

と、愉しい夜でした。11/23日のサイン会の整理券ももらえたので、またの機会に。