読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミスボド蒲田#54 ~よくなくなくなくな~い? 止まり~

先日はミスボド蒲田でした。

いろいろがビリヤードのように関連しあって、エッセンで羽ばたいた蝶の風が蒲田のゲーム会を16時終わりに至らせました。バタフライ効果を体感。もしくは風桶。

当日は受付もなく、名札もなく、まるで、偶然ボードゲーム好きが集まったみたいになってて、ちょっとおもしろい。誰かが来ると、誰かが受け付けて、事情を説明する。居酒屋で大将が手のかかるのを作ってるから、常連が応答してる感じ。それはだめじゃん。

と、情報強者の私は早じまいだとわかっていたので、ちゃんと10時から参加。すごい。いつもなら13時。

時間は短く、部屋数はいつも通り、ポーカーはなく、秋山さんは遊んでて。児童館みたいな雰囲気。参加された方ならわかるのだけれど、そこかしこから「おわったらどうしようか」と、言葉にならない、気持ちが漂ってたように思いました。まる。

 

というわけで、以下日記。

  • ゼイニィペンギンズ

初めて遊ぶゲーム。軽いドラフトとマジョリティ。得点ルールは「ステステマーケティング」をご想像ください。

1回やって、なるほど、ではもう1回、ほうほうこれはおもしろい、となった。この発見、気づきの面白さ。次はもすこしなんとかなりそうです。

  • ウィザードエクストリーム

「落水邸物語をしたい!」と提案したところ、トリテの教科書のこのゲームに。こういうことが多いので、落水邸はボードゲーム会のマクドナルドです。

ルールを説明して、トリテの用語の説明も。今となってはエクストリームが「普通」なのだから、トリテの「進化」を感じますな。「七つのしるし」を初めて遊んだときは「なんだこの無理ゲー」と感じたのだけれど。遊び続けると、予想は当てて当然、いかに他プレイヤーに黒チップを取らせるかを考え始めて、自然とむつかしくなっていくんだよなー、これ。

5人戦で終盤2ラウンドはゼロ点、合計マイナス12点で3位だったかな。終盤は予想が当たってくるあたり、まさに爆牌である。

  • キーフラワー

キーシリーズ。シリーズというほど出てないような気がするけど。インスト時に説明がなかったのだけれど、メイフラワーのもじりなんかな。とはいえ、あんまり開拓感覚はなかったなぁ。共通ボードじゃないからだろう。インストを受けながら、同一テーマの「ニューイングランド」を思い出してた。

で、インストがむつかしいゲームだな、というのが第一印象。季節ごとに競られる土地タイルを事前に全部説明しておかないと、戦略に影響するからなのだけれど。「ランカスター」のインストでも法律タイルを全部説明するもんなー。

加えて拡張商人。終わってから判る。この拡張は必要。得点源、それも勝敗を決定するほどの得点源が追加されるのだ。いいのか、拡張で。

今回は6人戦。ゲーム開始2ラウンド目で「このマストフォローのワーカプレイスメイント、攻撃性がすごすぎね?」と思い知らされる。最善手が(当然だけど)攻撃力成分が高い。1巡目の選択が重要すぎた。「後から」はこのゲームにはありえない。ぐわー、となること数回。

で、最終ラウンドで「あー、あれ止めれば全員とめられるじゃん」とほぼ攻撃のみの手を打つ。まー、攻撃力高すぎでした。あとからへこむ。しかも、後から考えたら、これじゃなくて、ああしてこうしてで、12点は伸びた、とわかって、なんつーか、あー、当日私は機嫌がよかったのだな、とわかった次第。

私一人だけがスクロール集め、その上目論見通りそれらをもれなく得点化権を獲得したものの、62点で3位? だったかな? 

感想戦で6人だと軽くなって、4人だと超絶重いとのこと。人数が減ると情報コントロールが必須になるため。6人だとコントロールできないから軽くなるっていう。なるほど、そういうゲームもあるのね。今回は6人でインスト込で2.5時間だったかな。終盤2ラウンドがさくっと終わった印象。

  • ライムパーティ

閉会が近くなったので、軽めの新作を。ラッパー養成ギブス。場にあるテーマカードとワードカードからリリック、ライム、フロウをその場で作る。まさにラッパー養成ギブス。

いろいろやってみたのだけど、ワードカードが目に入って、それをつなげて一文作ってしまう脳を止められなかった。うーん。「ハイパーロボット」と同じで、これを遊ぶ能力がないんじゃないかな、私に。「今夜はブギーバック」くらいしか知らないもんなぁ。ペ田中さんが巧かった。

 

と、16時で予定通り閉会。集まった中にけがわさんがラーのTシャツを着てて、こういうグッズがほしいなぁ、と思ったり、商業にはならんのだろうなぁ、と過日のラジオのこととか聞いたりして、解散に。

そのあとは、友人とカラオケボックスで遊んだり、その流れでいつもの月とすっぽんでご飯食べたり。カラオケボックスでは、偶然隣の部屋にもミスボド流れの友人がいて、こっちの部屋に入ってきたりと懐かしい感じ。あー、こーゆーの、もうずいぶんなかったなー、と。思い返せばゲーム会が用意してくれた場に参加するのじゃなくて、友人とこぞってどこぞで遊ぶのがすっごい久しぶり。珍事、椿事といっていい出来事だな、と思ってました。はしゃいじゃって、抹茶パフェを食べちゃったり。TARI TARI

結局、月とすっぽんを出たころにはとっぷり夜も更けて、フライトが予定通りならもう旅路の途中なのだなと、空を見て帰った次第。なんか買ってきてください(短冊)。

 

ではまた。