読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミスボドであなたとふたり出会う~第53回~

「狩歌」なら取り札3枚。

昨日はミスボド蒲田。夕方から参加ですよ。これくらいに会場に着くと、受付前に疲れた人たちが大勢たむろしている風景が広がる。そんな人たちと話しながら過ごすのが楽しい。今日はどんなボードゲームで遊んだのか、スマホでゲームを遊んでる人、本を読んでる人、休んでる人。みんな満足してる顔。こっちは今から遊びまくりや!

とはいえ、遊べたのは「ペッパー」と「ラー」の2つ。

「ペッパー」は昨年のテンデイズのイベントで試遊卓が大盛り上がりしていたのが記憶に残った。トリックテイキングでマストフォロー、トランプなし。ラウンド終了時にランク1を持ったスートのカードがすべて失点。

マストフォローなので失点のトリガとなる1を出せば他のプレイヤーに擦り付けられるのだけれど、自分がリードで1を切るのは大間違い、ましてや終盤でそれをやるとスートが枯れているため、自分に返ってくる可能性が高い。そして帰ってくると絶望しかない。終盤のリードは負け確定なのではないだろうか。

結果、1ラウンドは失点ゼロ、以降は毎回20点獲得で60点獲得して最下位。ルールの意味に気付くのが遅すぎた。特に終盤リードは死亡フラグであることに。ゲーム中に「狩歌」の話なんてしてる場合じゃなかった。

 

「ラー」は新版が発売されてからしょっちゅう遊ぶゲームになった。ニューゲームズオーダーの印象は、デジタルゲームにおけるエムツーと同じなのだけれど、どうだろう。

「ラー」は以前はつかみどころがなく、今一つ面白くなかった印象だったのだけれど、繰り返し遊ぶといろいろ気づけて、面白くなった。とにかくボードデザインが大好き。「バベルの塔」のパスワードの間みたいな雰囲気でよい。今年海外で発売された新版のボードデザインも相当よい。ボードだけ欲しいくらいによい。

結果は失点を回避するのを主題にプレイして32点で2位だったかな。ワタシとしては巧くやったほう。1位は失点すら飲み込む得点量だったので、勝利への道はひとつではないと気づかされた。まだまだ気づきがあるなぁ。

と「ラー」の最中に隣のテーブルに鴎さんが! 聞けば今年の4月から帰国したとのこと。ワタシのそのころはと言えばジョブが爆発炎上した時期と重なるためにまったくツイッターを見なくなった。それで気付かなかった―。そして、鴎さんがワタシのことを覚えててくれたのがうれしかった。鴎さんと言えば(私の中で)朝からビールの画像でおなじみなのですが(時差)そういうこともなくなりそう。それはそれで残念(ゲス)。

その鴎さんが電力会社デラックスをプレイされてたのだけれど、ゲームに土地勘があるように思えて、それまた面白く見えた。あー、やっぱりデラックス欲しいなぁ。あんなにでかいボードのゲーム、そうそうないし、遊びやすそうだしなー。株式市場も欲しいなぁ。旧版の追加ボード、ぜんぜん遊べてないしなぁ。うーん。後から買えないしなぁ。

 

そのあとはラノベの話やら、アニメ、ゲーム、サンダーボルトファンタジー丹翡ちゃんチョロイ等々、もろもろの話をして終会に。会場からの帰路で地獄の話をいっぱい聞いたのがよい思い出でした。まる。

来月はもうすぐ。すごい。10月は朝から晩まで行けそう。行けそうじゃない、行くんだ。

ではまた。